Google

2007年10月29日月曜日

PopClock Ver.1.3b

PopClock Ver.1.3b
処理は出来たけど、時たま微妙な動作をする可能性があるので今回はβ版です。

修正点は以下の通り。
Ver.1.3b 2007/10/29
・起動オプションに-sと入力することで、常駐モードで動作する機能を追加しました。
(常駐モードでは通常起動、タスクアイコンのタップ起動、サスペンドからの復帰時起動、で時計表示を行います)
・BMPに加え、PNG・JPG・GIFファイルの読込が可能になりました。
・処理を改修し、時計表示時の消費メモリを削減しました。
・時計表示時に画面回転による縦横変更を行った場合、表示がおかしくなる問題への暫定対処を行いました。

今回は常駐モードが大きな修正点なんだけど、
-sをつけない普通起動している限り、モノとしては今までどおりなんだよなぁ。
何はともあれ今回βということで常駐周り何かあるかもしれませんが、よろしくおねがいします。

CABファイル形式は、こちら
ZIPファイル形式は、こちら

※いつもの注意書き
CABファイルのインストール先は、指定デバイス内の\Program Files\PopClock\になります。
同じフォルダに同じファイル名のものが存在した場合、自動的にインストールデータで上書かれてしまいますので、必要なファイル(同名だけど自作で作ったファイル等)がある場合は別フォルダにコピーするなど、バックアップを行ってください。

1 件のコメント:

ちょろ さんのコメント...

初めまして、便利に使わせてもらっています。
要望なのですが、現在背景色を設定している時、FEPが入力可能状態だと(他のアプリが立ち上がってる場合など)FEPの【あ】が時計より上に来してしまいます。
可能なら【あ】が見えなくなるようにして欲しいです。
ついでに上部のタスクバーも消せたら最高です。

更に常駐モードですが、常駐させても自動で終了してしまうことが多いです。
常駐させるよりuNClockのようにレジストリで、サスペンド復帰時だけ起動させるようにするといいと思います。